埼玉で看護学校に通う私の寮生活

埼玉の看護学校を選んで良かった

2年前の春に埼玉県の看護学校に入学した | 寮にいると友達の友達繋がりでどんどんと輪が広がった | 埼玉の看護学校を選んで良かった

これはかなりお得な金額で、別の看護学校に進学した友人に聞いてみると28万円が年間で掛かっているとのことでした。
埼玉県全体で調べるとそこそこ相場が低いようなので、埼玉の看護学校を選んで良かったという気持ちが今は強いです。
ちなみに光熱費と水道代は自己負担であり、15万円以上に毎月の生活費は掛かります。
節約への意識を学べるという部分では良い社会勉強の機会ですし、お風呂のお湯を溜めすぎたり無駄に夜更かしして灯りを点けたりという部分も私はしないようになりました。
こうして考えてみると、改めて生活というのは社会訓練の一種としても重要な役割を持っていると感じます。
看護学校なので周りは本当によく勉強する人ばかりで、同時に優しい人ばかりです。
自分が少し気を緩めてしまうとその優しさに甘えてしまったり、あっという間に筆記や実技の試験でも置いていかれてしまいます。
とはいえしっかりと学生らしい青春を謳歌でき、すぐ近くに友人や仲間がいる安心感は段違いです。
経済的なことや通学上でのメリットも大きい今の暮らしですが、本当にこの方向性を選んで良かったと思えています。
もしこれから看護学校に進学することを考えている人がいれば、是非とも寮生活の案も検討してみてください。
実家から通えれば一番楽でしょうし、人によって最適な環境は違います。
それでもいずれ看護師になって様々な環境に飛び込むことになったとき、ここでの暮らしの思い出や経験が支えになってくれるでしょう。
私ももっと勉強を頑張って、良い看護師になりたいです。
この暮らしが終わってしまうことへの寂しさもありますが、高校自体までには経験したことのなかった充実感でいっぱいの毎日です。
後悔のないように1日ずつ歩んでいき、今の部屋を後輩に託すときには胸を張って卒業できるようになっていたいです。